kasui 大人と子どものための書道教室

Close

Blog

月草

朝夕の風に秋を感じるようになりました。

室生犀星の生命力ある詩は、かわりゆく
外側への反応と、かわらない内なる部分
への深さと静けさがあり、それに対する
確固たる姿勢が美しい。

そして、雑草の中に繁殖する露草の風情
にも同じものを見ます。可憐なる月の藍
に、たくましさをも感じます。

夏から秋へと、移りかわる季。


『月草』 

秋はしづかに手をあげ
秋はしづかに歩みくる
かれんなる月の藍をうち分け
つめたきものをふりそそぐ
われは青草に座りて
かなたに白き君を見る

        室生犀星

PageTop ページトップへ

MembersPage 生徒さんのためのページ