kasui 大人と子どものための書道教室

Close

Blog

秋の音

夕べの草むらに虫の音が響きわたる頃。

今年の夏に金沢にある室生犀星記念館を
訪れてからというもの、その詩にいっそう
魅了され、東京書作展の出品作品を犀星
の詩と決め、繰り返し書いています。

「幽遠」は、犀星文学の本質にかかわる
愛用語だったようですが、ちょうど今書
いている詩文のなかにも使われています。
遠く深く、知りつくせないことに想いを
はせる情操的な思考と言葉のつながりに
心引きつけられます。

純粋で美しく力強く、そこにはやさしさ
と愛が感じられる、いい詩は歳月を経て
もさびつかないということを、犀星の詩
から感じます。

そのようなことを思いながら書作する夜、
虫の音ではない、秋の音ともいえぬ音ま
できこえてくるようです。

PageTop ページトップへ

MembersPage 生徒さんのためのページ