kasui 大人と子どものための書道教室

Close

Blog

泉屋博古館で、特別展『金文』が開催されている
と知人にすすめられ、上野での勉強会の帰りに立
ち寄りました。

三千年程前に造られた青銅器80点ほどの展示。
そこに鋳込まれた金文を、興味深く鑑賞してきま
した。金文の字形は、時代がくだるに伴い、変化
が見られますが、変わらないのは、そこに託され
た人々の思いです。それは、いくつかに見られた
「子々孫々永寳」の文字から感じられたことで
す。子孫の続くかぎり末永く宝とするようにと、
後世へと引き継いでほしい、末永く繁栄してほし
いという願いが、顕然と感じられました。

そのような不変の思いは、三千年経た今、現代を
生きる私たちの中にも宿っているということ、
青銅器の重厚で冷気ただよう道具だけが並ぶその
展示室のなかで、そこに関わった人々の思いを深
く感じました。

また先日、教皇フランシスコが訪日され、長崎、
広島での演説に、深い感動を覚えたばかりです。
子孫の続くかぎり、末長く宝としてゆかねばなら
ない、引き継がなくてはならない、その真実の
『宝』とは何なのかを、ゆるぎない姿勢で示して
ゆかれました。

11月もあとわずか。
銀杏の落葉があちらこちらで散り敷いています。
ちょうど今、東京都美術館では、東京書作展が
会期を迎えています。
今回は、真珠のような光沢のある黄色の紙に、
室生犀星『夜』を、淡墨で兎の髭を使い書いて
出品しています。ぜひお出かけください。

PageTop ページトップへ

MembersPage 生徒さんのためのページ