kasui 大人と子どものための書道教室

Close

Blog

八一

初霜が降りていた今朝。
11月も晦日です。

今は、會津八一の書を学習中。
雅号を秋艸道人と称し、数々の秀でた書作品を
残した八一の生涯や書論を学び臨書しています。

今月は、月の始めと終わりに2回、熱海を訪れる
チャンスがありましたので、八一が恩師と慕った
熱海駅近くにある坪内逍遥の別荘に立ち寄りまし
た。「雙柿舎」と命名され、眼下には相模湾が見
渡せる起伏のある土地をうまく利用した、気持ち
のいい場所でした。逍遥自身が建物も庭もすべて
設計、庭の石や草木の配置など、いたるところに
細やかな気配りとこだわりが感じられました。

八一が逍遥からの依頼で書いた扁額と、逍遥の3
回忌に建立され、八一が石碑の文字を書いた筆塚、
いずれもそこに託されたであろう、それぞれの思
いを静かに感じながら拝見させていただきました。

季節も静かに冬へと移ろうころ、夕暮れの熱海の
海の眺めは、美しくもどこか寂寥をともないます。

中門の扁額「雙柿舎」
じつは複製。本物は、
早稲田大学會津八一記念館に所蔵。
逍遥先生 筆塚

PageTop ページトップへ

MembersPage 生徒さんのためのページ