Now Loading...

kasui 大人と子どものための書道教室

Close

Blog

品格

春のきざし感じる季。
今日はおひな様を飾って、米粉でチョコスコ
ーンを焼いて本を読みのんびり過ごしました。

昨年の自粛期間以降、YouTubeを見ることも
多くなりましたが、読書熱も加速しています。
日本人であれば、一度は読んでおきたい名著
に、『茶の本』や『武士道』があります。
いずれも英語で出版され、日本人の精神性を
発信し世界中で読まれている本です。

『茶の本』は、茶道に熱中していた頃に読み
ましたが、なぜか遠まきにしていた『武士道』
ようやく昨年末に読む機会を得ました。
「智」「仁」「勇」「義」「礼」など日本人
の根源的な思想を示した著述ですが、武士の
教育において第一に重んじられたのは品格の
形成であるとし、そのなかに書道があると書
かれています。

武士道の教育科目が、剣術、弓術、柔術、
馬術、槍術、戦略戦術、書道、文学、歴史で
あり、知能が優秀なことは尊ばれたそうです
が、知性は叡智を意味し、単なる知識は従属
的な地位しかあたえられなかったのだそう。
また、これらのうち書道について説明があり、
「書が優秀なことは大いに重んじられたが、
それは日本の文字が絵画的性質をもっており、
それ自体が芸術的な価値があったからであろ
う。また、書体はその人の人柄を表すものと
信じられていたからである」と、品格の形成
に書道がある理由を述べています。
新渡戸稲造:著 岬龍一郎:訳 『武士道』

時代的な価値観だと感じる箇所もあるにはあ
りますが、それを含めて『武士道』を知るこ
とは、今なお日本人の根底にあるであろう
精神性に気がつくきっかけとなるのではない
でしょうか。

自らを正し気概をもって書の道を貫いてゆこ
うと、春吹く風に思います。

萬葉集 第十巻 1836番歌 作者不詳
灰色の染め紙に散らし書きした作

PageTop ページトップへ

MembersPage 生徒さんのためのページ