Now Loading...

kasui 大人と子どものための書道教室

Close

Blog

みる

「何と書いてあるかわからなくて…」
書の展覧会へお出かけくださった方から
よくこのような感想をいただきます。

文字があるとついそれを読もうとしてしま
うのは誰もが同じ。ただ、書いてあること
を読まなくとも、もっと感覚的に、もっと
自由に、自分の眼と心で想像し鑑賞して楽
しむことがなによりも大事であろうと思う
のです。書き手の筆づかい、線の質、運筆
の速度や墨の濃淡、空間などなど、見どこ
ろはたくさんありますから、楽しみかたも、
一人ひとり違っていいし、むしろそのほう
が自然です。自分自身の意志や本質、感覚
を信頼することではないかと思います。

今年の3月に逝去なさった美術家の篠田桃紅
さんの展覧会には、作品キャプションの設置
がないのが特徴です。4月に横浜で開催され
ていた篠田桃紅展でも、やはり設置はなく、
それがないのは、「何と書いてあるか」の
情報による先入観が生じないようにとのこと。
作品キャプションを拠りどころとすることな
く、そこから何を得るのか、いろいろ思考し
たり想像したり、自分を信頼して、ただじっ
と作品と相対する時間は、自己を見つめる
時間にもつながるのではないでしょうか。

今週より同人書作展が会期を迎えます。
今年は、大溪洗耳先生の特別展示も見どころ
のひとつです。私は、やまぶき色の染め紙に
古典かなで、萬葉集四首を書いて出品してお
ります。このようなご時世ではあるけれど、
ひとときお楽しみいただけましたら幸いです。

PageTop ページトップへ

MembersPage 生徒さんのためのページ