kasui 大人と子どものための書道教室

Close

Blog

はっぷん

湿気を帯びた風、いよいよ梅雨入りでしょうか。

書を学ぶうえで大事な古典臨書。
教室では、大人の皆さんにそれぞれのペース
で取り組んでいただいています。
『九成宮醴泉銘』、『蘭亭序』、『書譜』、
『雁塔聖教序』、『風信帖』、『曹全碑』など
法帖の数はたくさんあります。書体も、楷書、
行書、草書、隷書、篆書と学びます。
そのなかの隷書は、八分、八分体、八分書とも
よばれ、波磔が特徴の扁平な書体。初めは戸惑
うものの、書き進めるうちに何とも楽しくなる
書体でもあります。

八分といえば、地球に届く太陽の光。約8分を
かけて太陽から地球に届いているのだそう。
太陽から地球までの距離は、およそ1億5千万km、
この距離を光の速さで表すと、およそ8光分。
つまり、今地球から見える太陽は、約8分前の姿
であるということ。

晴雨定めがたい季節。
太陽の光はやっぱりうれしい、とつい空模様が
気になってしまうけれど、そのようなときこそ
楽しむ心を持って発奮!

臨書『曹全碑』より

Mさん
Kさん

PageTop ページトップへ

MembersPage 生徒さんのためのページ