Now Loading...

kasui 大人と子どものための書道教室

Close

Blog

大地凍つ

大寒を過ぎ年間で最も気温が低くなる頃。

凍てつく季節にかじかむ手で、おかまいなく
水仕事をしているからでしょう、お恥ずかし
ながら指先に霜焼けができてしまって…。
体の不調は冷えからはじまりますから、あわ
てて半身浴を長めにしたり、ビワの葉温灸を
したりしているこの頃。

半身浴は、39〜40度くらいのお湯に、みぞ
おちから下をつけて最低20分入るところを、
今は1時間、あるいはそれ以上入るようにし
ています。腕はお湯につけずに出したまま入
りますから、そのあいだは存分に本を読むこ
ともできるのがいい。

詳しくは、
進藤義晴 著
『万病を治す冷えとり健康法』を。

またビワの葉温灸は、ビワの葉を反射区や
患部にあてて、モグサであたためるだけ。
これがじ〜んわりと、ほんとうにたまらな
く心地よいのです。あらためてビワの葉の
優れた力に感心しきりです。

ビワの葉療法は、1500年ほど前に中国の
僧医によって伝えられ、天平2年(730年)
光明皇后が病に苦しむ人々のために、現在
の病院の原型である「施薬院」を創設して
治療に用いたことから日本全土に普及した
という歴史ある療法。
江戸時代には、ビワの葉売りが担い箱をか
ついで売り歩く姿もあったそうです。

ビワの葉療法については、
望月 研 著・東城百合子 監修
『体と心がよみがえるビワの葉自然療法』を。

最近、メルマガまで購読するほど追ってい
るハイパーメディアクリエーター高城剛氏も
10年以上続けておられるとのことで、好調の
秘訣と著作にありましたし。もっともノマド
の氏はモグサではなく、温灸器を使用してい
るようですが。
ちなみにメルマガは、氏主筆のレポートで、
マスメディアではなかなか話せない俯瞰的な
視点と私見を、出来るだけ早く伝えるという
週一回のもの。

大気や大地までもが凍ってしまったかのよう
な凍てつく今夜。
1月号児童競書条幅課題「大地」には、凍てつ
いた大地をも溶かすほど、子どもたちの力強
いエネルギーが元気いっぱいであったかい!!

小学1年
小学2年
小学3 年
小学4年
小学5年
小学6年
中学生

PageTop ページトップへ

MembersPage 生徒さんのためのページ