kasui 大人と子どものための書道教室

Close

Blog

春の氷

先週末は記録的な大雪となりました。
自然は不思議でときどきいたずらです。

関東地方が大雪ならば北陸地方はいつもの冬
とは思えないような良いお天気だったと、心
なしか母の声は、はずんでいるようでした。

北陸の2月といえば寒さがきびしく、雪に閉ざ
されていたことを思い出します。ようやく寒さ
がゆるんできたころ、ふと春の景色が目に入っ
てくると、長い冬から解放されたような明るさ
と悦びを心に感じたものです。

「薄氷」という名菓は、春先にうすく張る氷を
意匠にしてあり、春の訪れを静かにうけとてめ
ている、富山の人々の心を表しているようで、
いつも大切にいただきます。

そんな、うすうすと残っている氷が今朝の景色
というのもときには良いのではないでしょうか。

さあ、今週の教室は子どもたちが楽しみにして
いる条幅です。
「はり」「雨水」と季節の言葉を書きます。
「はり」・・2月8日に行われる針供養の行事。
「雨水」・・二十四節気のひとつで、雪や氷が
とけ水となる時期。今年は2月19日。

PageTop ページトップへ

MembersPage 生徒さんのためのページ