kasui 大人と子どものための書道教室

Close

Blog

臨書

梅雨が明け、いよいよ夏も本番でしょうか。

今は、高野切第一種を臨書中。
高野切は古今集を書いた断簡で、第一種、
第二種、第三種の筆跡からなります。
臨書にをとおして古典を学ぶということは、
初歩のうちだけでよいものではなく、一生
続けるものだと思っています。

教室にお越しくださっている大人の方々も、
九成宮醴泉銘、蘭亭序、風信帖の順で臨書
を進めていらっしゃいます。根気はいりま
すが、皆さんそれぞれのペースで楽しんで
くださってます。

ちなみに臨書には、形臨と意臨のふたつが
ありますが、文字どおり形をまねる臨書を
形臨、書かれた古人の意を汲みとりながら
臨書する意臨。初めはただひたすら形を
そのまま臨書し、それを通じて古人の意を
知るという謙虚な態度で臨書することが、
なにより古典を臨書する態度だと、師の
言葉です。

何ごとも先に進むには、原点にかえること
なのかもしれません。

PageTop ページトップへ

MembersPage 生徒さんのためのページ