kasui 大人と子どものための書道教室

Close

Blog

神品至宝

昨日は、午前中と夜に上野で勉強会、午後は時間
があったので、国立博物館の国立故宮博物院の
特別展まで足をのばしました。

貴重なコレクションの数々、お目当ては、
孫過庭筆「草書書譜巻」
蘇軾筆「行書黄州寒食詩巻」

書譜は、見事な草書で書かれ自在に文字の姿態を
変化させながらも調和のとれた名作。
黄州寒食詩巻は、筆墨の階調を通して胸中の思い
を表出し、乾隆帝に神品と言わしめた蘇軾の傑作
中の傑作。どれも数年前に臨書していますが、
歴史的な傑作にはいつも圧倒されます。どんな
逆境にあろうとも、当時の士大夫たちの教養の高
さ志の高さでそのときどきを愉しむ精神、また
その偉業に深く魅了されました。

蘇軾といえば、「東坡肉(トンポーロー)」。
日本の豚の角煮もこれから伝わったと言われてい
ますが、料理も考案してしまう大詩人。
やはり素晴らしい。

PageTop ページトップへ

MembersPage 生徒さんのためのページ