kasui 大人と子どものための書道教室

Close

Blog

ひきしめて。

11月晦日の昨日は、鎌倉芸術館で行われた
フルートコンサートを楽しんできました。

娘が吹奏楽部でフルートをするようになり
よく聴くようになりましたが、フルートの
音色は美しく豊かです。楽器は違うものの、
自身も吹奏楽部を経験したことがあるので、
ときには、こうして純粋に音楽を楽しむの
も良いものです。

そして、今日から師走!
朝から部屋の中にクリスマスの飾りつけを
したり、今月の教室の準備したりしました。
また、朔日でもある今日は小豆を食べました。
毎月1、15日は小豆を食べる!!
これはリマクッキングスクールで学んだこと
ですが、「小豆は腎臓に良いから、月に2回
はお料理しましょ。小豆のかたちは腎臓の
かたち」との教えをちゃんと守って、毎月
かかさずいただきます。
いつもは「小豆入り玄米ごはん」にするの
ですが、今日は、そば団子を作り「ぜんざい」
にしていただき、短日に追われることのない
よう身をひきしめました。

身をひきしめる!といえば、私にとっては
この言葉。

桜沢如一先生の「食用人生読本」の中の一説。

台所は生命の薬局であり、主婦は生命の薬剤師
であり、妻は一家の健康の舵取りであり、幸福な
家庭の舞台監督であり、母は文化の設計者である。

女性が担う役割の大きさに感動した言葉でもあり
ます。久しぶりに思い出しました。

やはり年の瀬は、365日毎の反省と整理の月でしょうか。
写真は、親しい方から届いたポインセチア。
お気持ちに感謝します。
DSC_0168.JPG

PageTop ページトップへ

MembersPage 生徒さんのためのページ