kasui 大人と子どものための書道教室

Close

Blog

梅の姿から

梅の花があちらこちらで見ごろを迎えています。
万葉集では萩に次いで、一一九首も梅がよまれ
ています。

春雨に萌し柳か梅の花
共に後れぬ常のものかも
大伴書持

桜のように艶やかさがあるわけではないし、
たくさんの人にお花見してもらえるわけでは
ないけれど、「手柄を誇らないのが梅の美徳」
とおっしゃった方がありましたが、そのありよう
はみごとです。寒さに向かって凛と咲く姿は美し
く、その姿から多くを学びます。

今日は庭の万作が、かたい蕾を開かせました。
余寒のなかとはいえ、そろそろ春へと心を移す
季がきたようです。

PageTop ページトップへ

MembersPage 生徒さんのためのページ