kasui 大人と子どものための書道教室

Close

Blog

雨音をききながら

梅雨明けが待たれる今日この頃。
雨音を聞きながら、静かな時間を過ごすのも良い
ものです。
IMG_0219.JPG
古今集(夏)一一六  清原深養父

夏の夜はまだ宵の口だと思っているうちに明けて
しまった。月は雲のどこに隠れて宿っているのだ
ろうか、という短夜を詠ったおもしろい一首。

夏はつい夜を更かしてしまうと、東の空が白むの
は早いので、たちまち夜明けを迎えてしまいます。

それにしても、このところの雨…、やまないもの
でしょうか。いかにこの雨の季節を過ごすか、
日常をさりげなく楽しむことにつきます。
明日は晴れそう!

PageTop ページトップへ

MembersPage 生徒さんのためのページ