kasui 大人と子どものための書道教室

Close

Blog

かいもち

暑さも彼岸まで。

そろそろ稲刈りが始まる秋田から、もち米を
いただいたので「おはぎ」を作りました。

秋のお彼岸は「おはぎ(御萩)」、
春は「ぼたもち(牡丹餅)」と、はっきり
わけていう方もいらっしゃいますが、それを
「かいもち」と言い、よく作ってくれたのは祖母
でした。いつも丁寧に料理を作り、編み物や読書
が好きだった祖母の言葉が、今でも日常のなにげ
ない瞬間にきこえてくるときがあります。

「かいもち」「掻い餅」
徒然草第ニ一六段、ニ三六段には、
「かいもちひ」としてでてきますが、どうやら
「そばがき」を意味するという説もあるよう。

かいもち、ぼたもち、おはぎ。
いくつもの名前や諺もあることから、生活や
意識に密着した食べ物であったことが伺えます。

言語は変化しやすいものですが、地域によっても
さまざまな違いがあり、生活のなかから多様な
発達をする傾向があるということもわかります。

かいもちをほおばりながら、懐かしい思い出まで
も味わった秋彼岸。
さあ、来月から11月にかけての教室は、書き初め
誌上展へ向けての書込みです。今年は、いつもの
教室にプラスして、書込む日を設ける予定!
IMG_0290.JPG

PageTop ページトップへ

MembersPage 生徒さんのためのページ