kasui 大人と子どものための書道教室

Close

Blog

書してつくる

昨日は、二十四節気の寒露でした。

さて、今月から、褚遂良が書いたとされる
『枯樹賦』を臨書しています。
この文末に「貞観四年十月八日 為燕国公書」
とあり、書者名はないが、褚遂良35歳のものと
推定されています。小字の行書作ですが、空間
への働きかけが大きく、すっきりとしていて、
魅力があります。

十月八日。ちょうど昨日でした。
貞観四年は630年ですから、今から1385年前です。
千年以上経てもなおみずみずしく、そこには
さまざまな発見があり、感動があります。

褚遂良といえば『雁塔聖教序』が有名です。
教室でも臨書している方がいらっしゃいますが、
楷書の概念を変える理想的な手本とされます。
一本の線の中にある躍動感や多様な筆画、変化
のある筆の動きは、何度臨書しても学ぶことが
多いです。創作レベルの上昇のためにも、臨書
を続けることは、ちからになります。

そして、10月はなにかとイベントが多い月。
8日の昨日、いつも大変お世話になっている方
が、愛知へ転居された日でした。新転地での、
ますますのご活躍をお祈りいたします。

ご来賓の方のリボンを書きました。
IMG_0373.JPG
「木のひげ」のタルト。
IMG_0389.JPG
りんごのタルトだと思いきや、なかには
マッシュされたかぼちゃも入っていて、
素材そのもののやさしいあまさが、
おいしい!! タルトのうえの遊び心に思わず
笑みがこぼれます。
文字をつくる。創作って楽しい。

PageTop ページトップへ

MembersPage 生徒さんのためのページ