kasui 大人と子どものための書道教室

Close

Blog

春風

駘蕩たる春の日。
桜が美しく咲いた今週は、私の教室にも
中学校や小学校へ入学する生徒がいます。

教室では、中学生になると毛筆、硬筆とも
に行書を学びます。特に毛筆は、今までの
楷書と用筆法や運筆法など書法に違いが
あるので、やりがいがあります。

今月の硬筆課題は、
久方の光のどけき春の日に
しづこころなく花の散るらむ    紀友則

春の日のゆったりとした気分と、それに相反
して散る桜とを対比していて、「の」音を
重ねた響きが心地よく愛唱しやすい一首です。

それにしても、日本語には和歌にかぎらず
「五音」と「七音」の繰り返しの音律が多い
ことに気づきます。それは、『古事記』や
『万葉集』にまで遡ることのできる歴史が
ありますが、この音数律が、日本人の頭の中
に自然と染み込んでいるように思います。

ならば今月は、春風のように心地よく詠うよう
に書きたいものです。

PageTop ページトップへ

MembersPage 生徒さんのためのページ