kasui 大人と子どものための書道教室

Close

Blog

みる

秋高し。
どこまでも澄みわたる青い空、そこに
浮かぶ白い雲、季節の移りかわりは往々
にして心ゆさぶられます。日の光は透明
で遠くまでよく見えます。

書道では、法帖やお手本をまずよく見て
書くことを繰り返しますが、このよく見
るというのは、なかなか容易なことでは
ないのです。

「「よく見る」そのことばの裏には、
外面をきちんと見て書くことによって、
ものの成り立ちや、ものの本質を明らか
にするという思想がひそんでいるわけ
だから、これはひどくむずかしい。」
今年お亡くなりになられた、詩人の
大岡信さんのご著書にありました。

また、「「見る」という観念だけにとら
われてしまって、外観だけをとらえること
に窮屈になっていることが多いようにも
思われる。大切なのは、どのように書き
だすか、そのきっかけをつかむこと」
ともありました。

1日に何度となく見る空。
空や雲から秋をみて自分をみる。
そして書きだしてみる。

PageTop ページトップへ

MembersPage 生徒さんのためのページ