kasui 大人と子どものための書道教室

Close

Blog

かんじと仮名

漢字かなまじりという書。
毎月の大人の課題にもありますが、
その歴史は浅く、書にも美術的な思想が
芽生えたときに書かれるようになった、
いわゆる現代書です。
身近な俳句や和歌 を題材として いるため
親しみやすい書でもあります。

あらためて日本語というものを考えて
みると、漢字とかなで成り立っていて、
日本人の思考も、漢字とひらがなとの
あいだを自然に行き来していることに
気がつきます。きっと日本語の美しさは
そこにあるのだろうと思います。

虫の声を聞きながらそのようなことを思っ
たり、調子よく夜ふけまでガラクタ整理を
したりしていたものだから、珍しく調子を
崩した9月末(苦笑)

気がつくと明日から神無月。
今年も書き初め誌上展に参加します。
教室.jpg

PageTop ページトップへ

MembersPage 生徒さんのためのページ