kasui 大人と子どものための書道教室

Close

Blog

秋深む

連休は、松本城の外堀で開催された
信州松本蕎麦まつりへ。このところ蕎麦
への関心が高まり、その魅力の本質を探る
べく行ってまいりました。

新蕎麦おいしい!
その味わいはさることながら、それ以上に感動
したのは蕎麦打ち名人の実演です。
名人 朋子さんの打つ美しく無駄のない技は、
潔さすら感じられ、日本人の折り目正しい姿を
見たようでした。そして別の会場では、蕎麦打ち
名人戦も行われていて、たくさんの方の志を見せ
ていただきました。

考えてみると、蕎麦ほどシンプルなのに打ち方や
食べ方などを語れる食べ物はないと思うのです。
通の方はそれぞれに蕎麦への思想や哲学がおあり
になるようですし、日本の食文化のなかでも
『粋』という言葉が似合います。

そのような日本の蕎麦の歴史は古く、古今著聞集
や宇治拾遺物語にも書かれ、江戸時代には蕎麦
文献が残るほどです。

また、タイミング良く松本城の内堀ではお茶会
が行われており、透徹とした空のもと各流派の
心入れの趣向も愉しませていただきました。

深秋の季節。
蕎麦に抹茶、そして書。
日本の伝統文化への思いも深まります。

PageTop ページトップへ

MembersPage 生徒さんのためのページ