kasui 大人と子どものための書道教室

Close

Blog

道具は正しく

紅葉(もみじ)どきの京都。

先日、紫式部の邸宅跡とされる廬山寺と、
清少納言が晩年を暮らしたとされる地の
泉涌寺を訪れました。

泉涌寺は2度目。そこにある雲龍院にて、
写経をしてまいりました。始めにお清め
をし二六二文字をお写経、ご奉経します。
経文中の「眼耳鼻舌身意」六文字から、
人がもち合わせる五つの道具と心を正しく
使うことを教えられます。

終わると場所を移してお抹茶を頂戴します。
手入れのゆきとどいた庭を眺めながら一服
いただいていると・・、
「トントン・・・」「トントントントン」
静かな庭の一本だけひときわ高い朽ちた木
に目をやれば・・、啄木鳥!!
静けさを破るようにリズムよく全身を使っ
てクチバシで木を啄いていました。
自らのもち合わせる道具を正しく使って。

私たち人間も、自らのもち合わせる道具を
正しく十分に使って生活したいもの。
いつ訪れても発見や感動がある。
やはり京都は懐の深さを感じます。

啄木鳥や落ち葉をいそぐ牧の木々
水原秋桜子

PageTop ページトップへ

MembersPage 生徒さんのためのページ