kasui 大人と子どものための書道教室

Close

Blog

一年生 其の一

小学1年生のAくんが、ピッカピカの
ランドセルを背負って来た日のはなし。

初対面の4年生のHくんに、自分から
自己紹介を始めたAくん、それも正座
をして手をついて堂々と大きな声で。
Hくんは、そのやる気に圧倒されながら
も自己紹介をし合って、いや~感心、
感心と見ていると・・、
終わるやいなや、何やらゴニョゴニョと
Hくんに耳打ちしているAくん。

Aくん:「ね、いい?」
Hくん:「え・・」
Aくん:「いいでしょ?」
Hくん:「・・・」
Aくん;「ね?」
Hくん:「う・・」
Aくん:「キョーソーだからね」
Hくん:「う、う、うん・・」
Aくん:「どっちが速く書き終わるか」
Hくん:「・・・」

あっちゃ~。
キョーソーときましたかぁ。
そのやりとりったら、本当におもしろ
すぎて笑いをこらえるのがやっと。
で、そのキョーソーとやら、
それを言ったそばから忘れてしまった
Aくん、まじめなHくんはたぶんずっと
気にしてたのではないか?と思う。笑
そしてAくんは、大きくかっこよく『車』
と書いて、ピッカピカのランドセルを忘れ
そうになりながら元気に帰ってゆきました~。

PageTop ページトップへ

MembersPage 生徒さんのためのページ