kasui 大人と子どものための書道教室

Close

Blog

八女

八女にきています。

福岡県八女市の中心地である福島は、
城下町だったことから、居蔵という土蔵造り
の町家建築が並び、統一感があって、景観を
楽しませてくれます。

ちょうど、3月中旬まで「八女ぼんぼり祭り」
が行われており、17日の今日は「願い雛」
が八女公園でありました。
幸いにして年齢制限?!がなかったので、笑
そういうのが好きな女子といたしましては、
うきうきと願いごとを書いて、お雛さまに
託しました。
そして、その公園には、山頭火の句碑があり
ラッキーでした。2年前に山頭火を学び、
その奔放でありながら、あたたかさと人間味
ある自由律俳句が魅力的でよく書きました。

うしろ姿のしぐれてゆくか   山頭火

客体としてとらえた我が身を、もうひとりの
自分が見ているという、自嘲の前書きのある
句です。その前書きも含めることで、この句が
より深いものとなることがわかります。
山頭火は、なにを求め願っていたのだろうか。
うきうきと願いごとを書くことなど、なかった
のだろうか。
そんな八女の旅、
明日は、うきうき紙漉きしま~す。

PageTop ページトップへ

MembersPage 生徒さんのためのページ